スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<小沢幹事長>「代表の発言は党の公約」 首相に苦言?(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は24日の記者会見で、昨年の衆院選当時、民主党代表だった鳩山由紀夫首相が、米軍普天間飛行場の移設先に関し「できる限り県外」と発言したことについて、「代表(の発言)と党の公約ということは基本的には同じようなことだろうと思っている」と述べ、代表としての発言は重いとの認識を示した。

 首相は23日の沖縄訪問で「『できる限り県外』という言葉を守らなかったことをおわびする」と陳謝した。小沢氏の指摘は、首相の方針転換に苦言を呈したとも受け止められ、波紋を広げる可能性がある。ただ、小沢氏は「(政府方針自体は)私は一切聞いておりませんので、論評する立場ではない」とも述べた。【念佛明奈】

【関連ニュース】
郵政改革法案:小沢幹事長が今国会での成立方針を明言
小沢幹事長:潔白を強調…再び不起訴
小沢幹事長:再び不起訴、2回目の検察審へ…陸山会事件
小沢氏:発言、決断「どうなのか」 政権運営に疑問
小沢氏:「青木氏は既成の政治家」

八街放火殺人容疑の男、当日に滞納家賃支払う(読売新聞)
ワクチン接種、新たに3市1町で=牛にも実施―口蹄疫問題(時事通信)
両陛下、植物園に(時事通信)
あかつき打ち上げ 地球の姉妹星探る 大気成分、風向きなど明らかに(産経新聞)
第4回日本文明論シンポ開催(産経新聞)

横浜市の一部で大規模停電=1万世帯超、送電設備故障か(時事通信)

 14日午後8時半ごろ、横浜市南区の大部分と同市旭区、磯子区の一部計約1万1000世帯が停電した。15日午前0時までにほぼ復旧した。神奈川県警によると、人的被害は出ていないという。
 東京電力横浜支社によると、南区宮元町と同区共進町の間にある送電設備が故障したとみられ、同支社が詳しい原因を調べている。 

【関連ニュース】
官民一体で原発売り込み=越計画投資相と会談
官民新会社設立で、近く準備組織=原発売り込み図る
電力、9社増益=燃料値下がり寄与-3月期決算
東電、11年3月期純利益92%減=販売電力増も、原油高など響く
原発売り込みで官民新会社=秋にも、政府・電力3社など

野良猫訴訟、加藤九段が控訴意向「給餌続けたい」(読売新聞)
半導体装置会社が粉飾決算?…監視委捜索(読売新聞)
<COP10>「10月に名古屋」覚えて 地元の認知度7割(毎日新聞)
<三社祭>「宮出し」で最高潮に(毎日新聞)
金星探査機21日打ち上げ=H2A延期で―種子島(時事通信)

放鳥トキ 巣にカラス侵入、卵捨てる ふ化厳しく(毎日新聞)

 環境省は9日、新潟県佐渡市で放鳥されたトキのうち、9日にもひなの誕生が期待されていたペアの巣にカラスが侵入したと発表した。中の卵をつついていたとみられ、直後に戻ったトキの雄が1個を外へ捨てたという。トキは通常3〜4個の卵を産むが、同省佐渡自然保護官事務所の笹渕紘平保護官は「他の卵は食べられた可能性もあり、このペアでの繁殖は厳しくなった」と話している。

 同省によると、同日午前5時50分ごろ、カラス2羽が飛来し、巣の中をくちばしでつついた。近くにトキの雄はいたがカラスを追い払うなどせずに飛び去り、カラスがいなくなった後の午前6時40分ごろ、巣に戻って卵を捨てた。その後、ペアは巣に戻らずバラバラに行動しているという。

 このペアは08年に放鳥された4歳の雄と、09年放鳥の1歳雌。4月12日以降、雌雄交代で卵を温める「抱卵」が観察されており、産卵した可能性が高いとみられていたが、今月2日以降、雌が巣を長時間離れるなどしており、ふ化が懸念されていた。市内にはふ化が期待できるペアがまだ2組いる。【畠山哲郎、磯野保】

【関連ニュース】
トキ:2世誕生に期待 9日以降ふ化も…新潟・佐渡
放鳥トキ:3個目も巣外へ 別のペア、卵ふ化の可能性
トキ襲撃死:電気柵などの設置を…検証委が報告書案
放鳥トキ:また卵捨てる 別の1個、まだふ化の可能性
トキ:佐渡から「分散飼育」のひなかえる いしかわ動物園

福島で全国最高33.3度=7日以降は雨も−気象庁(時事通信)
アパート火災 女性1人死亡 千葉(産経新聞)
【麗し大和】(19)藤薫る春日大社(産経新聞)
高速増殖炉「もんじゅ」 臨界到達(毎日新聞)
連休中の交通事故死111人=65歳以上が半数超−警察庁(時事通信)

歴史教科書 「日本書籍」が撤退 自虐的史観、批判受け(産経新聞)

 中学校社会で「従軍慰安婦」問題を取り上げるなどしてきた「日本書籍」の歴史教科書が、平成24年度から消えることが21日、関係者の話で分かった。発行元の日本書籍新社が同日の教科書検定申請期限までに、文部科学省に対して申請を行わなかった。「自虐的な歴史観に基づいている」とする批判を受け、採択する市町村が激減したのが一因とみられる。

 「日本書籍」の教科書はもともと同名の会社が発行し、一時期は東京の全23区で採択されるなど歴史教科書の大手だった。しかし、採択シェアの低下などで16年に破産。その後、日本書籍新社が発行を引き継いでいた。

 同教科書は、存在自体が議論の対象になっている「従軍慰安婦」の用語を使うなどして、日本の戦争責任を強調。現行の16年度検定の教科書でも、「元従軍慰安婦」という見出しの朝日新聞記事の写真を掲載、沖縄戦について「日本軍にスパイ容疑で殺されたり、『集団自決』を強制されたりした人々もあった」と記述したりしている。

 こうした内容に「新しい歴史教科書をつくる会」などが「極端な自虐史観に基づいている」などと批判。採択する教育委員会が激減し、今年度の採択シェアは3%程度になっていた。

 同会の藤岡信勝会長は「国民の意識や教育委員会の教科書採択現場が変わってきたということ」とコメント。一方、日本書籍新社は「いまは編集関係者がいないため、取材に応じられない」としている。

鳩山首相不起訴は「妥当」=偽装献金事件−検察審査会(時事通信)
元秘書有罪判決、首相「責任痛感、一生の戒め」(読売新聞)
前原氏の辞意を否定=政府高官(時事通信)
仙谷氏の「同日選」発言に閣僚ら非難(産経新聞)
<傷害>小3長男殴る…容疑の父逮捕 広島県警(毎日新聞)

地下鉄30本運休、7人転倒・搬送…春の雪(読売新聞)

 関東地方を中心に、雪の影響で交通機関の乱れや、事故が相次いだ。

 都営地下鉄三田線では、東京都板橋区の志村車庫でポイントが凍結。同線は始発から運転を見合わせ、30本が運休、1万5000人に影響した。JR中央線では、17日午前6時55分頃、山梨県北杜市の穴山―日野春間で、倒木により上下線が甲府―小淵沢間で約3時間半にわたって運転を見合わせ、特急7本が運休した。JR東日本によると、倒木は降雪の影響とみられる。

 東京消防庁のまとめでは、都内では雪で足を滑らせ、骨を折るなどのけがで7人が救急車で搬送された。

 福島県西会津町の磐越道上り線では17日午前7時頃、乗用車とトラックが正面衝突し、乗用車に乗っていた50〜80歳代の男性3人が重軽傷を負った。県警高速隊によると、当時、路面に雪が積もり、乗用車がスリップして反対車線にはみ出したとみられるという。

玄米3・6トン、フォークリフトで盗み出す(読売新聞)
<報国寺>青竹色、雨にぬれ 神奈川・鎌倉(毎日新聞)
安倍政権より支持急落=時事世論調査(時事通信)
寒い4月まだ続く?寒気23日ごろ再び南下も(読売新聞)
タクシー無賃乗車、売上金盗む=容疑で男子高生ら3人逮捕−警視庁(時事通信)

まるごと富津の海の幸、ご当地グルメ「海堡丼」(産経新聞)

 千葉県富津市の商工会に加盟する飲食店19店舗が、地元の海の幸を楽しめる各店オリジナルの「ふっつ海堡(かいほ)丼」を発案。商品化されて各店のメニューを飾っている。同市ではこれまでに煮穴子を盛り付けた「はかりめ丼」が売り出され、地元の名物料理として定着している。同様の「ご当地グルメ」を目指す「海堡丼」。広くPRしようと、6月末までイベントを行っている。

 海堡とは、軍事目的で造られた人工島のことだ。富津市沖にも、首都防衛のために明治23年に完成した「第一海堡」と、大正3年に完成した「第二海堡」が残されている。海堡の周りは潮の干満が大きく、いくつもの魚礁が形成された好漁場で、多様な魚介類をとることができる。

 同商工会の関係者は「海堡の建設には、富津の多くの先人がかかわった。われわれは、現在もそこでとれる貝や穴子など、あらゆる魚介類の恩恵にあずかっている」と、丼に「海堡」の名を付けた理由を説明している。

 「海堡丼」は、同商工会サービス業部会のメンバーが企画し19店舗が応じて商品化された。一杯の丼に富津の海の恵みが凝縮しているのは共通だが、お刺し身をのせた丼だけでなく、油で揚げた天丼風や、卵でとじた親子丼風などがあり各店舗が個性を競い合っている。値段は1千円〜2500円だ。

 同市では、9〜12月は「はかりめ丼」、1〜3月には特産の「ノリ」のキャンペーンを実施。4月から6月30日までを「ふっつ海堡丼まつり」と銘打ちキャンペーンを展開している。

 期間中は「海堡丼」を注文すると、小鉢やミニデザートなどが付くサービスもある。実施店舗などの問い合わせは、富津市商工会(電)0439・87・7071。

【関連記事】
簡単「うどんギョーザ」 土室小の児童ら挑戦
素材のうまみ溶け込んだ「大津まるごとカレー」人気
世界初!?フグの缶詰 上品な煮付け味、下関の新名物なるか
県産米粉でお米ラーメン もっちり感に注目 栃木
新名物「出雲おろち大根」初収穫 魚、肉料理の薬味にぴったり

<薬害C型肝炎>原告団代表の山口さん、自叙伝の出版記念会(毎日新聞)
検察審、近く議決へ=小沢氏不起訴の当否判断−陸山会規正法違反事件(時事通信)
がん疼痛治療貼付剤の製造販売承認を取得―久光製薬(医療介護CBニュース)
福島・社民党首が石原都知事の発言の撤回求める(産経新聞)
同一略称、止める手だてなし=新党たちあがれ「日本」使用で−原口総務相(時事通信)

祭りの御柱倒れ4人下敷き、うち1人が死亡 長野・千曲 (産経新聞)

 11日午後7時ごろ、長野県千曲市土口の古大穴神社で、約10メートルの柱を立てる御柱(おんばしら)祭の途中に、御柱が倒れ、4人が下敷きになった。この事故で、近くに住む会社員、篠宮宏幸さん(38)が頭を強く打ち死亡したほか、30代の男性3人が胸や足に負傷した。

 事故が起きた御柱祭は、日本三大奇祭と呼ばれる諏訪大社の御柱祭の時期にあわせて、各地で行われている地域の祭りの1つ。

 長野県警千曲署によると、倒れた柱は長さ約10メートル、直径最大約30センチ。祭りの参加者たちが柱をロープで引っ張るなどして、立てようとしたところ、倒れたという。

 地元関係者によると、男性約50人でロープで引っ張るなどしていた。柱は立ちかけていたが、バランスが崩れるようにして倒れたという。

 同署によると、1本目の柱を立て終わり、2本目を立てようとしていた最中だった。地元男性は「ここ30年ほど、こんな事故はなかったのに…」と話した。

 現場は上信越自動車道の更埴ジャンクションから東に約1キロ。

【関連記事】
空自ショー部品落下 同型機は飛行見合わせ点検
航空祭で空自F15尾翼落下 福岡・築城基地
「裸坊祭」で5人重軽傷 山口・防府
台風18号 新潟の芸術祭作品が倒壊
7人重軽傷の松江・花火事故 打ち上げ筒が傾いたのが原因か 

<強盗>私がやりました…刑務所から自供の手紙(毎日新聞)
<囲碁>アジア大会へプロ棋士派遣(毎日新聞)
<参院選>三原じゅん子さん出馬に意欲…がん体験生かしたい(毎日新聞)
民主党栃木県連に脅迫電話、元外務官僚の55歳男逮捕(産経新聞)
「赤旗」配布無罪 東京高検が上告(産経新聞)

山崎宇宙飛行士 ISSで野口宇宙飛行士と対面(毎日新聞)

 【ジョンソン宇宙センター(米テキサス州)奥野敦史】山崎直子宇宙飛行士(39)ら日米の7人を乗せたスペースシャトル「ディスカバリー」は米中部時間7日午前2時44分(日本時間7日午後4時44分)、地球を周回する国際宇宙ステーション(ISS)とドッキングした。約1時間半後、ディスカバリーとISS双方のハッチが開かれ、山崎さんらがISSに入室。ISSに長期滞在中の野口聡一宇宙飛行士(44)と対面した。宇宙で日本人2人が顔を合わせる史上初めての場面が実現した。

 シャトルは5日に打ち上げられ、軌道を調整しつつISSに慎重に接近。ドッキングした後、気密状態などをチェックしハッチを開放。シャトルの乗組員がISSに入室した。野口さんのほか米国のティモシー・クリーマーさん(50)が出迎えた。

【関連ニュース】
野口宇宙飛行士:実験棟のロボットアーム組み立て作業
野口宇宙飛行士:無重量の宇宙で「おもしろ実験」
野口飛行士:宇宙で絵本を読み聞かせ 都内の児童に
野口宇宙飛行士:「日本選手の活躍楽しみ」宇宙から激励
野口飛行士:宇宙からDJ 「きぼう」で初ラジオ収録

三重で上げ馬神事 1馬転倒死「問題なし」(産経新聞)
警官切り付けられ軽傷=包丁男逮捕、知人もけが−奈良県警(時事通信)
民主、競輪トップ選手の長塚氏を参院選候補に擁立へ(スポーツ報知)
18公益法人の役員兼務=刷新会議の茂木氏(時事通信)
歌舞伎座さよなら公演、初日迎える(産経新聞)

シー・シェパードに大賛辞 環境雑誌「ソトコト」の問題特集(J-CASTニュース)

 日本の調査捕鯨船に対する過激な違法行動で知られる「シー・シェパード」(SS)を、日本の雑誌が大々的に取り上げている。社会を良くしようとする人を指す「グリーンファイター」のひとりとしてSS代表者を登場させ、長文インタビューが掲載されている。

 しかも、記事の見出しには「場所も標的も選ばない。海の生き物を守るため、アタック!」などとSSの活動を持ち上げているものもあり、議論を呼びそうだ。

■海洋生物を保護する組織で抗議団体ではない??

 SS特集を掲載したのは、健康や持続可能性を重視したライフタイルを指す「ロハス」という言葉で知られる月刊誌「ソトコト」。2010年5月号では、「グリーンファイター」と呼ばれる人物100人を特集しており、そのトップバッターにSS代表のポール・ワトソン船長が選ばれている。

 同誌では、グリーンファイターを「社会をよりよくしようと日夜奔走する人たちの総称」と定義。同誌では、ワトソン船長がグリーンファイターに選ばれた理由として、(1)海洋生物の保護に人生をかけている(2)メディアを利用した環境活動を展開(3)次世代の活動家の育成も行う、の3点を挙げている。

 特集では、18ページにわたってSSの活動を紹介。ワトソン船長に対するインタビューでは、ワトソン船長は

  「(SSは)海洋生物を保護する組織です。抗議団体ではありません。海を破壊する違法行為を阻止するため、介入活動を行っています」「合法的な範囲で活動するよう常に細心の注意を払っています。だからこそ、活動を停止させられたことも、まともな訴訟を起こされたこともないのです」

などと活動を正当化。

 さらに、「(クジラという)食材そのものが消えてしまう」ことを理由に、

  「本当なら、日本人こそがSSを一番支持してくれるはずなのです。失うものが最も大きいのは日本人なのですから」

などと調査捕鯨が水産資源を枯渇させているとの主張を展開した。

 その他には、「場所も標的も選ばない。海の生き物を守るため、アタック!」

 と題して、SSが保護活動の対象にしている動物の一覧や、妨害活動の方法を紹介している。

■日本人乗組員「こういう団体あってもいい」

 抗議船「スティーブ・アーウィン号」の乗組員の焦点を当てたコーナーもある。「クジラのために一致団結!」と題して、乗組員20人のプロフィールを4ページにわたって掲載し、「マリコ」「マイ」と名乗る日本人乗務員2人が、

  「シー・シェパードは確かにコアでハードな団体に見えるかもしれないけれど、盲目になっているビジネスマンと地球の奇跡の美しさを感じていない人たちの目を覚まさせるには、こういう団体があってもいいと思う」

などとする手記を、それぞれ寄せている。

 SSをめぐっては、抗議船元船長のピーター・ジェームス・ベスーン被告(44)が傷害などの罪で起訴されるなど、「エコ・テロリスト」といってもおかしくない。それだけに、日本のメディアとしては異例の切り口だとも言える。ソトコト編集部では、

  「他のメディアで紹介されていなかった内容を、『ソトコト』独自のコンテンツとして紹介した。(SSのメンバーがポーズをとっている)表紙を見て敬遠する人もいると思うが、まずは内容を見て判断して欲しい」

 と話している。同編集部によると、現段階では、まだ直接の反響は寄せられていないが、ツイッターで専用のハッシュタグ「#greenfighters」を設定しており、ツイッターでの反応を見守りたい考えだ。ツイッター上では、

 「やるねソトコト。久しぶりにとがった感」

 「これは興味深い」

 「今回の特集は環境テロリストか」

など書き込まれ、現段階では反応はバラバラだ。


■関連記事
シー・シェパードの活動費 どこから出ているのか : 2010/01/13
シー・シェパード船長を逮捕 宮根「カンガルーはどうなんだ」 : 2010/03/12
シー・シェパード今度はロケット弾 日本側3人軽症 : 2010/02/12
会社とは「自分のやりたいこと」をねじ曲げるところ? : 2010/04/05
池袋駅で4000人が体験! J:COM『エキナカ3Dシアター』 : 2010/04/05

<警察庁長官狙撃>延べ48万人動員実らず…時効成立(毎日新聞)
<核兵器廃絶>プラハ演説から1年 被爆者、決意新たに(毎日新聞)
大阪の1級建築士、アパート構造計算書を偽装(産経新聞)
首相動静(4月3日)(時事通信)
赤旗配布の高裁判決に思う なぜ公務員は政治活動を制限されるのか(産経新聞)

建設会社社長ら2人を逮捕=玉東町の入札妨害−熊本県警(時事通信)

 熊本県玉東町発注の公共工事で、入札前に予定価格を聞いていたとして、熊本県警捜査2課などは25日、競売入札妨害容疑で、同町の建設会社「玉稲開発」社長井上善行(49)=同町稲佐=、同社社員田口竜二(48)=熊本市戸坂町=両容疑者を逮捕した。同課は認否を明らかにしていない。
 逮捕容疑は2007年10月ごろ、玉東町が発注した道路整備工事で、入札前に予定価格を聞いた疑い。
 同課は5日、同町発注の別の工事をめぐり、同社とは違う業者に設計金額を漏らしたとして、同町建設課課長補佐松田幸二容疑者(44)を同容疑で逮捕しており、松田容疑者が今回の事件でも予定価格を教えた疑いがあるとみて調べている。 

【関連ニュース】
元岩出市部長らを再逮捕=公共工事で贈収賄
神栖市職員ら4人を逮捕=競売入札妨害で
元岩出市部長ら3人を逮捕=競売入札妨害容疑
二審も改めて無罪主張=宮崎談合・汚職で安藤前知事

コカインなど所持で追送検=JAYWALK中村容疑者−警視庁(時事通信)
「鳩山政権に怒り」「基地は戦争生む」=ホワイトビーチ案反対で集会−沖縄・うるま(時事通信)
2010〜2011年秋冬 東京ブランド新作 重量感より軽やかさ(産経新聞)
虚偽献金に検察側「資金の流れを国民から覆い隠した」 検察側論告要旨(産経新聞)
小声で「間違いありません」=初公判で元首相秘書−東京地裁(時事通信)

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化
日本ダービー
即日現金化
クレジットカード現金化
ショッピング枠現金化
債務整理無料相談
審査 甘い キャッシング
クレジットカードのショッピング枠を現金化
現金化口コミ
selected entries
archives
recent comment
  • <小沢幹事長>「代表の発言は党の公約」 首相に苦言?(毎日新聞)
    AtoZ (08/27)
  • <小沢幹事長>「代表の発言は党の公約」 首相に苦言?(毎日新聞)
    リンデル (01/13)
  • <小沢幹事長>「代表の発言は党の公約」 首相に苦言?(毎日新聞)
    ガトリング白銀 (01/08)
  • <小沢幹事長>「代表の発言は党の公約」 首相に苦言?(毎日新聞)
    サキューン (12/28)
  • <小沢幹事長>「代表の発言は党の公約」 首相に苦言?(毎日新聞)
    こういち (12/24)
  • <小沢幹事長>「代表の発言は党の公約」 首相に苦言?(毎日新聞)
    ポリエモン (12/19)
  • <小沢幹事長>「代表の発言は党の公約」 首相に苦言?(毎日新聞)
    きんちゃん (12/17)
  • <小沢幹事長>「代表の発言は党の公約」 首相に苦言?(毎日新聞)
    ちょーたん (12/13)
  • <小沢幹事長>「代表の発言は党の公約」 首相に苦言?(毎日新聞)
    夜沢課長 (12/09)
  • <小沢幹事長>「代表の発言は党の公約」 首相に苦言?(毎日新聞)
    ポロネーゼ (12/04)
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM